スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立・副業を成功させるためのポイント

独立・副業を成功させるための押さえるべきポイントがあります。
それは:

1.お金を借りて事業をしないこと。
2.失敗することを前提とした資金計画を立てること。
3.お客さんを事前に確保しておくこと。
4.独自性のある業務内容であること。

です。この4つのポイントを押さえておけば、間違いなく成功します。
個々について、次回より詳細に説明していきます。


スポンサーサイト

どんな仕事をする?

次に業種について考えましょう。
大きく分けて以下のようになります。
1.これまで培ってきた専門知識技術を使ったビジネス
2.インターネットをフルに活用したビジネス(アフィリエイト、情報商材販売、ネット上でなくては実施できないビジネス)
3.インターネットがなくても成立するビジネス(例:レストラン、物品販売店など、ネットを使用することにより売り上げアップは期待できるが、ネットがなくてもビジネスとして成立する業種。

この中でネットに依存したビジネスは危険です。 一般の人はネット経由のビジネスに非常に警戒心があるからです。 いまだにアフィリエイト・アドワーズに詐欺まがいの懐疑心を持つ人が大勢います。 自分が参入しようとしているビジネスはネットがなくても成立するものなのかを、よく自問してください。

レストランやブティックがネットで広告する場合は、少しの応用で大幅に売り上げを伸ばすことが可能です。 ネットをチラシと同様に捉えることができるからです。 ですが情報企業などノウハウなどをEブックにして販売するのは、ネットがなければ成立しない仕事です。

(次回に続く)

人気ブログランキングへ

失敗しない起業の方法

さて、皆さんが起業を考える場合以下のパターンがあると思います。
1.脱サラして独立
2.副業としてそこそこの収入が欲しい

今のお給料では足りないので、副業で月に5万円でも増えれば、と考える方は多いと思います。 また主婦が副業で始めるのは非常に成功する確率が高いです。
問題は1.の脱サラを考えている方。まずは副業で実践してみて本当に会社の給料なしで生活できることを慎重に確認してから独立してください。
「何を当たり前のことを言ってるんだ」と思われるかもしれませんが、まぐれの一発あたりでも、ついつい過信してしまい、収入の継続性を確認する前に独立してしまうひとがかなり多いのです。

むしろ副業としている期間にまったく売れず、試行錯誤するほうが後のことを考えるとむしろ良いです。商品・サービスが売れなければ研究して何が足りないのか研究して試行錯誤するのです。 この試行錯誤できる人が成功できるのです。 成功するか、しないかはうまくいかなかった時の行動で決まります。 本気で起業を考えている人は会社にいる間にこの「試行錯誤」をしておいて欲しいのです。

最初の段階で下手にビジネスがヒットしてしまうと、試行錯誤することがなくなってしまうからです。不意にヒットしたビジネスがいつまで続くかわからないのに。。。

人気ブログランキングへ

これからの生き方(その2)

2.海外に売る
日本はもう少子化になっていますので、国内でモノを売るのはもう限界です。

インターネットの普及により世界のビジネスは大きく変わりました。 ネットではほとんどのものがタダで手に入ります。 誰もが小資本で企業可能になりました。 個人で起業するハードルもずいぶん下がりました。 一方、これまで一流といわれていた業界、会社は苦しんでします。テレビ局は不景気といっていますが、まったく違います。 世の中が変わったのです。 今まで情報を発信できたのはマスコミだけでしたが、個人でも情報発信し、皆にメッセージを伝えることができるようになったのですから、
これからの時代は皆が個人で商売すべきと思います。

人気ブログランキングへ

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

これからの生き方

今は不景気といわれていますが、昨年まで好景気と言われていたとき皆さんどうでしたか?特に景気の良さを実感することもなかったと思います。マスコミは大企業さえ景気がよければ好景気というのです。お金儲けに関するブログは数多くありますが、このブログでは精神論ではなく、具体的なお金儲けの方法について書きたいと思います。

これから主要になるのは:
1.小規模の会社が限られた客にのみ商品・サービスを売る

今は大企業が画一的な商品を多くの人に売ってもうける時代ではありません。なぜなら皆欲しいものはすでに持っているからです。 ではどうするか。 小さな会社・個人が特定の人に向けてのみ商品を売るべきなのです。 専用の客100人専用の食品宅配。100人分のみメニューを考案して売る。 他の人には売らないわけです。 これからは小規模な企業が小規模な顧客相手にビジネスをする時代です。

たとえばデザート作りが趣味の人は1日30個だけ作ってで売ればよいのです。
いくら注文が多くても1日30個以上は絶対に作らない。
1個1,000円のデザートを30個売って一日に30,000円の収入になります。

限定した商品を限定した人にのみ販売する。いちど考えてみてはいかがでしょうか。
フリーエリア

ボディプラス NEW4【ハッピーマーケット RaiRai】
韓国美人モデルの秘密 韓美后(ハンミフ)石鹸3個セットで毛穴のお悩み解決【生活倉庫-Cupid Puzzle-】
芸能界からついに流出!【女優たちの秘密棒 -01】【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
プロフィール

ロロ248

Author:ロロ248
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。